子育て英語

中3に英検準2級の2次対策レッスンをしました。「中3準2」はもう常識なのね。

皆さんこんにちは。

英語講師のMariです。

昨日はオンライン英会話レッスンの方で中学校3年生の女の子に英検準2級の2次試験対策レッスンを行いました。

最近日に日に増えてきている「中3で英検準2受ける」生徒。

でもオンライン英会話で準2級の対策レッスンを申し込むということはよほど周りに対策レッスンをできる人が少ないということでしょうか。

いずれにせよ「低学年のうちに英検を取得する」流れは増す一方です。



英検を勉強していれば大学受験が楽になる

 

2020年度から大学受験が大きく変わります。

英語に関しては4技能を測る民間の英語試験を導入していきます。ちなみにどの試験を活用するかは審議中とのことですが、おそらく英検、TOEFL、TEAPなどが活用されるのではないかと言われています。

ここでポイントなのが4技能です。

英検でも合格基準が変わったようにリスニングだけではなくスピーキング、リーディングだけではなくライティングでも得点できるようにならなければなりません。

…皆さん、スピーキングとライティング、自信ありますか?

生徒側だけではなく教える側=学校側としても2020年度に向けて英語の指導を大きく変えていかなければなりません。

スピーキングやライティングの指導準備も必要ですし、指導する人材確保も必要です。

 

今のうちに勉強しておこう!

 

周囲がドタバタしている間に身に付けておきたいのが英検です。

高校在学中に英検2級を取得していると大分楽でしょう。

現行のセンター試験の英語も英検2級の問題を勉強していれば高い点数が取れるはずです。なのでどうせ大学を目指すなら今のうちに英検2級を勉強しておけば4技能の対策にもなるし大学受験の対策にもなるわけです。

またスピーキングやライティングは日頃から英語を話したり書いたりする習慣がないと、突然「英語で自分の意見を書けー!」と言われても書けないですよね?

だから練習が必要です。

さらに英語のライティングは英語独特の書き方で書かないといけません。

英文エッセイのアウトライン
Introduction(序章)

Bodies(本文)

Conclusion(結論)

この書き方にも慣れておかないといけないですよね。

 

まとめ!

 

今後「英検の低学年化」はどんどん進みます。英検に慣れしたんでおくためにも今では「英検Jr.」という就学前のお子さんでも受けられるようなテストもありますので、まずはそういったテストから受けてみるのも良いかもしれませんね。