バイリンガル子育て

バイリンガル子育て/発音を習得したいなら幼児期から

Hello, everyone. It’s Mari.

皆さん、こんにちは。英会話講師のMariです。

今回はバイリンガル子育てというトピックでお話していこうと思います。内容はずばり「発音を得たいなら幼児から!」です。

 

さて、英語っていったい何歳から勉強した方がいいのでしょうか?幼児期?小学校?中学校?高校?

 

Mariの結論は「いつから勉強してもいい。」です。

 

「おいおい、それじゃアンタはなんで子ども英会話教えてんねんッ。」というお声が聞こえてきそうなので、もう少し詳細をお話していきます!

 

要は、どのくらいのレベルの英会話を求めているか、ということです。

「ネイティブばりにペラペラになってほしい。」のか、「社会人になったときに仕事で使えるようになってほしい。」など、目標設定があります。

 

ぶっちゃけ話せるようになるだけなら、何歳から始めてもいいのです

 

ただし!

言語を習得する上で1つ気を付けておきたいことがあります。

 

それが「発音」です。

 

発音の習得に関しては、幼児期のうちに身に付けておきたいものです。英語でも中国語でも、ある言語を習得させたいのであれば、出来れば4,5歳くらいまでにはその言語をお子さんにたくさん聞かせて脳にインプットさせておくと良いと言われています。そして更に、約10歳くらいを超えたあたりから、「新しい音」を習得するのは困難になってきます。

 

なので、やれ英文法が、語彙が、学校の英語のテストがなんやらかんやらというのは一回置いといて、お子さんにネイティブのような英語の発音を習得してもらいたいのであれば、どんな媒体でもいいので、とにかくたくさんインプットしてあげてください。

 

お子さんは一度インプットしてしまえば、後々英語を聞いたときに、「あ、これ聞いたことある音だな。」と認識します。

 

Mariが日本生まれ日本育ちにも関わらず、ある一定の日本語×英語バイリンガルであるのには幼児期からフィリピーナママの影響でたくさん英語を聞かされていることが要因だと思っています。(フィリピン人はみな英語を話します!)

 

「どんな英語を聞かせてあげればいいか分からない…。」

 

というママパパにおすすめなのが意外とYouTubeだったりします。YouTubeでバイリンガル子育てを検索すればおすすめ動画がだだだだっと出てきますので、是非スマホ・タブレットで見てみてください。

 

さて、今回はバイリンガル子育てというトピックでお話していきました。今後もバイリンガル子育てに関する情報を配信していきます♪

 

▽Mariのオンライン子ども英会話レッスンを受けたい方はこちら↓↓

 

それではまた次回!

See you soon.

-Mari