未分類

「ペラペラ英語」vs「使える英語」目指すべき英語力って何?

皆さんこんにちは。英語講師のMariです。

先日英会話講師の同僚であるネイティブスピーカーとそのファミリーとで飲む機会があり

「今後の英会話業界」に関して語り合いました。

(楽しかった!)

その中で是非シェアしたいことがあったので書いていこうと思います。

 

目指す英語力ってなんだろう?

 

今日の英会話・TOEIC業界は多様化が進んでおり

「駅前英会話スクール」「オンライン英会話」「コーチング」など様々な形態のスクールが出てきていますよね。

また講師もネイティブスピーカーだけではなく非ネイティブ講師バイリンガル日本人講師など様々です。

 

 

「ゴール」を正しく決める

多様化していることは私自身は多いに賛成しており、私自身はいつでもどこでもレッスンを受けることが出来るオンライン英会話がどんどん広がっていけばいいなと思っています。

ただし、ここで一番大切なことは

「ゴール」を正しく決められているかどうか

 

「ネイティヴみたいにペラペラになりたい」

「仕事で英語が使えるようになりたい」

「旅行がより楽しくなるように英会話が出来るようになりたい」

「TOEICのスコアを3か月以内に上げたい」

 

など英語を学ぶ理由も多様化しているはずです。

だからご自身が今「どのような英語力」を伸ばしたいかによって

 

「学ぶ方法はきちんと考えた方がいいよね。」

「TOEICのスコアを伸ばすことが最優先なのにネイティブの英会話レッスンを受講させるのはちょっとおかしい」

という話が出てきました。

 

確かにその通り。

 

今どんな英語力が一番必要で、それを達成するためにはどのような手段がいいかはよく考えた方がいいし、こちら側もきちんと提供するべきだと思っています。

 

ネイティブ英会話レッスン

同僚のネイティブと話していていたことは

「目的が多様化しているから決してネイティブのレッスンでなくてもいい方向に進んでいると思う。」

「この業界で生き抜いていくために駅前英会話も非ネイティブも採用し始める」

「ネイティブのレッスンに関しては改めて在り方や価値観を考えた方がいい」

 

うーむ。なるほど…。

どうやら最近はネイティブスピーカーも英会話講師の職を得るのはちょっと難しいようです。

 

私はネイティブのレッスンももちろん大切だと思っています。

・ネイティブだからこそ知っている英語・フレーズ

・ネイティブが持ち合わせている価値観

・ネイティブから学べる文化

 

などネイティブスピーカーだからこそ学べることもあるはずです。

 

ただネイティブのレッスン(特に駅前英会話系)ってどうしても高い料金設定だったりして受講するのに少しハードルが高い気がします。

 

そこで出始めたのがオンライン英会話ですよね。

 

今までの駅前英会話スクールと比べたら格安でネイティブスピーカーのレッスンを受けることが出来ます。

これは多いに活用したいです。

 

 

ペラペラ英語

さて様々なタイプの英会話スクール、講師、そして英語を学ぶゴールがあるを再認識しましたが

皆さんが学ぶ英会話力はどれくらいの英語力でしょうか?

 

多くの日本人の方が目指しているのは

「ペラペラ英語」

 

のような気がいたします。

でもこれはかなりハードルが高い。

 

英語を話す世界人口は約17億人と言われています。

その中でネイティブスピーカーは約4億人です。

私たち日本人は英会話人口の約1/4になろうとしているのです。

 

そもそも発音も違う、文法構造も異なる点が多い、言語以前に文化的背景も異なる点が多いのにそこからネイティブのようなペラペラ英語を目指すのはかなりの労力が必要です。

 

 

まずは使える英語を

同僚のネイティブとも話していたのですが

「まずは『使える英語』から学ぶべき」

 

『使える英語』というのは自分の言葉で自分のことを説明できる英語、決まったシチュエーション(旅行やビジネスシーン)は説明できる英語のことで、

決してネイティブのようにペラペラ英語でなくても相手に十分伝わる英語からまず学んでみてはいかがでしょうか。

 

そこで活用したのがオンライン英会話やコーチング英会話なのが有効です。

 

ある程度の英語力がついたら「ペラペラ英語」を目指すというのもありです。一定の英語力がつけばあとはネイティブのような英語になれるように日々楽しく学ぶことができます。

ただそこまでにたどり着くのが大変なだけ。

まとめ!

今回は様々な英語の学び方、講師、そして目指すべき英語力の設定に関してお話していきました。

色々話しましたが、でもやっぱり私が大切にしたいことは「英語を学ぶことは楽しい!」ということ。

これは絶対に忘れたくないし、今後も伝えていきたいと思っています。

そのためにも自分自身も日々成長していきたいです。