未分類

使ってみよう!As long as …の使い方

Hello, everyone. It’s Mari.

皆さん、こんにちは。英語講師のMariです。

 

今回はas long as…の使い方をご紹介していきます。なかなか使いづらい印象ですが、1つ例文を覚えてしまえば、徐々に使いこなせるようになります。

 

それではさっそく、

 

Let’s check it out!!

 

 

as long as…の意味

 

 

as long as…の意味は「~する限り」です。

 

…と言われてもよく分からないですよね。笑

日本語でも日常的に「~する限り」とはあまり言わないと思います。

 

漢字2つで表すならば、as long as…「条件」を表します。

 

それではさっそく例文を見ていきましょう。

 

 

as long as…の使い方①

 

 

例文①

You can answer the phone as long as I am here.

「私がここにいる限りは、あなたは電話に出ることが出来る。」(直訳)

 

あなたが上司で新入社員に言うセリフだと思ってください。

 

分かりやすいように直訳を載せましたが、

もう少し日本語っぽく、意訳するのであれば、

 

「私がここにいる間は、電話に出てもいいわよ。(私が席を外したらまだ電話に出ないでよね。)」

 

この文章は「私がここにいる」という「条件」を表しています。

 

 

◇◆覚えておきたいフォーマット文◆◇

You can ~ as long as …

…だったら、~していいわ。

 

 

as long as…の使い方②

 

 

それではもう1つの例文を見ていきましょう。

 

例文②

You will pass the examination as long as you study hard.

「一生懸命勉強すれば、試験に合格するわよ。」

 

これは友だちに対してでもいいですし、お子さんに対してにも言えるフレーズですよね。

 

 

例文①と同様でas long as以下は条件を表しています。

 

「一生懸命勉強するならば、試験に合格するでしょう。」という意味になりますね。

 

 

◇◆合わせて覚えておきたいフォーマット文◆◇

You will ~ as long as …

…すれば、~するだろう。

 

 

 

if…でもいいのでは??

 

 

なんだかんだ例文を提示しましたが、

 

「それだったらif…でもいいのでは?」という疑問が生じます。

 

正しい使い方、正確なif…as long as…の違いをきちんと知りたい方はロイヤル英文法をご覧ください。笑

 

 

リンク、貼っておきますねw

 

さて、ここからは感覚的なことを書いていきます。

 

正直、if…を使っても良い場合がほとんどです。

 

You can answer the phone if I am here.

You will pass the examination if you study hard.

 

でも十分伝わります。

英会話初心者レベルの方は正直言ってこれで十分です。

 

英会話の深みを出したい、よりネイティブに使い英語を話したいと考えている方は、

as long as…を使ってみましょう。

 

as long as…if… よりも

①強調したい

②実現しそう

 

というようなニュアンスがあります。

 

例文①であれば「私がいる間だけなんだからね!電話に出ていいのは!」

例文②であれば「合格しそうな可能性があるんだから勉強頑張りなさいよ!」

 

という気持ちが隠れています。

もちろんコンテクストにもよりますが…( ;∀;)

 

 

さていかがでしたでしょうか!今回はas long as …の使い方をご紹介させていただきました。

 

英語に限らず、自分の物になるまでは1,2回の学習だけでは身に付きません。何回も何回もその表現に出会って始めて自分の物になります。

 

積極的にas long as…を使ってみましょう♪

 

-Mari