英語と美容と音楽でハッピーに♪♪♪
Marie Blog
eiken

英検一級は単語勝負!1日30個覚えるつもりで学習せよ!

こんにちは。Mariです。

2019年の目標のうちの1つとして英検一級合格があります。英検準一級止まりでズルズルここまで来てしまっているので、いい加減合格したいMariです。笑

ここでは忙しい毎日の中でどのようにしてら英検一級対策をしているかをお話していきます。

あえてノートは作らない!メモはどんどん過去問に書き込んでいく!

もうあえてノートは作らないようにしています。ノートを作ると勉強したいときに過去問と一緒にノートを持ち歩かないと行けません。

これがもう面倒くさいし意味がありません。効率よくスキマ時間で勉強するには過去問にどんどん書き込んで、いつでもパッと見直せる方がいいです。

これは2018年に購入した英検一級過去問です。本当は書き込まない方が後々復習が出来るのですが復習する時間も無いのでこんな風に勉強しています。

とりあえずの目標としてはこの2018年度に発売された過去問を1冊終わらせることです。

知らない単語に1日30個は出会うようにする!

英検一級の知らない単語は1日30個は出会うようにしています。

英検はとにかく単語!単語!単語!

知らない単語にたくさん出会って徐々に知らない単語の数を減らしていきます。

単語帳を作っていたときもありましたが単語帳を作るより毎回毎回セルフテストをした方がより多くの英単語を覚えることが出来ます。

 

英検一級の長文対策はどうする!?1冊洋書を買って読み切ろう!

英検一級の長文は単語が困難な上に1文が長いので意味を捉えるのに慣れが必要になってきます。

ここで試みていることが「洋書を1冊読み切る」ことです。

そもそも英文を読むことに慣れていないのに英検一級の長文なんてとても読み切れません。

更に読むだけではなく内容を理解して設問に答えなくてはいけません。

だからこそ日頃から英文を読むトレーニングをしなくてはいけません。

おすすめ洋書がKazuo Ishiguroの”Never let me go”

超絶おすすめ洋書がKazuo IshiguroのNever let me goです。

かなり読みやすくまたふつうに小説を楽しむことが出来ます。

映画化もされているのでバックグラウンドを把握するために映画を先に観てみてもいいかもしれません。

小説なんて読みきれるかどうか不安かもしれませんが、逆に読み切ると絶大な自信にと繋がります。

英検一級にチャレンジするのであれば是非長文読解にもチャレンジしてみてください。

 

引き続き英検一級対策は進めていきます。今後も英語学習に関して情報を配信していきます。

それではまた次回!